スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本対ブルガリア

国際親善試合
at豊田スタジアム

オーストラリア戦の直前
コンディションと戦術の確認や


川島
栗原、今野、吉田
内田、長谷部、遠藤、駒野
香川、前田、乾

343かな
ザックさん、ここで試したか


試合開始
内田から中へ
前田と香川の連携は止められた

ゴール前での相手FK
直接狙うブルガリア
ブレ玉を川島が弾き損ない
先制
相変わらず悲しいトップクラス
パンチングの瞬間に体重がかかってない

スローインから内田が交わされミドル

フォーメーションの変化のデメリットは
味方がいてほしいところにいないこと
ビルドアップと守備ブロックにズレができる
時間が少しは解決してくれるかな



乾がパス交換から前を向いて
ドリブルから三人交わしシュート
その突破がある限り代表に呼ばれるよ

日本が左サイドに重点的にプレッシャーをかけたが交わされ
サイドチェンジされ内田が数的不利
吉田のカバーも遅れる


3バックなら
ボールキープ時にもっとCBがひらかないと

ブルガリアのDFがクロス対応が怪しい

前田のトラップがもっとうまかったらな
収まらない

ミドルが枠を捉えCK
ブルガリアの高さが意外とない

日本は遅攻がうまくいかない
止まりがち

遠藤から乾
トラップからコースをついたがオフサイド

日本が徐々に慣れてきた
SBの位置が高くなった


前田、香川、乾に両SBのどっちかの四人での速攻かな

キャリックを普段みてると遠藤下手くそやな
ピッチもよくないか

ブルガリアは3バック相手に慣れとるな
マークの外し方が覚えてる

ブルガリアは4-4の2ラインで守る
それで対応されるのが悲しい
ストライカーに怖さがないんだな
遠藤、長谷部にブレスをかけたいときに香川が下がる



駒野、乾、香川で香川のミドル
ナイスセーブ

遠藤から一発で裏に
香川がうまくトラップするがDFがクリア

内田の位置が高くなった
つまり吉田の位置が高くなった
ハイプレスとまでは言わないけど
プレスの開始の位置を高めたい

栗原が真ん中なのは高さとビルドアップに貢献できないことかな
カバーに適した足の早さではない

遠藤、長谷部のパスがズレてる
そこはしっかり

長谷部のファール
引っ張りあいから取られた

CKからニアで低い玉をすらされる
危なかった

前半終了
なんか点がとれない気がする

後半開始
前田→ハーフナー
内田→酒井宏
駒野→長友
清武→吉田

4231に

遠藤が下手になった

ブルガリアはW杯の予選があるからしっかり本気

スローインからハーフナーがスルーし香川のシュート

右の清武から香川とのワンツー
清武のシュートは右に外れるがザックの形はこれやな
乾がちと早かった

FK
キッカーは清武
ハーフナーに合わせ
ファーに流れ今野のシュート

ハーフナーを衛星に乾、香川、清武が動き回りチャンスを作る

ブルガリアに大量のCKを与える
オーストラリア対策ならいいかもな

乾→中村憲剛

長友のファールから
長谷部のオウンでブルガリアは二点目
なんちゅう初歩的なミス

清武から憲剛
その流れから清武のクロスにハーフナー
外した

香川のもらったファール
キッカーは遠藤
枠の右

長谷部→細貝

清武が裏を狙うもオフサイド

チャンスがない
カウンターをくらう

ハーフナーはポストへたやな
ちょっとふぃてっせでうまなったと思ったけど

長友もオフサイド
清武のパスよかったけどね

試合終了
ブルガリアがいいチームだった
日本がよくなかった

問題はトップ
というかセンターラインだな
前田とハーフナーに欠けるのはオンザボールでの質
前田はスペース空ける仕事
ハーフナーは放り込み
そこだけになりがち
足元巧みなストライカーは日本にはいないのかな
結局本田になりそう

遠藤、長谷部のコンビ
残念な出来だった働いてたし貢献もしてたけど
局面、局面で負けてた
ここも日本にいないのかな

今野はまぁよかった
吉田は3バックが未だに慣れてない
栗原は守りに問題はないけどビルドアップがてんでだめ
困った

川島はやっぱりレベルの低いGK


どうすんだザッケローニ
オーストラリアに簡単に負けたら大変なことなんぞ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルパン4世

Author:ルパン4世
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。