FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イングランド対ブラジル

親善試合
atウェンブリー


ハート
GJ、クリスモ、ケーヒル、コール
トム、ジェラード、ウィルシャー
ウォルコット、ワッザ、ダニー


Jセーザル
アウベス、ルイス、ダンテ、アドリアーノ
ラミレス、パウリーニョ
オスカル、ロナウジーニョ、ネイマール
ファビアーノ

贅沢な親善試合やの
ミュンヘンの悲劇の黙祷

試合開始
ワッザはコンディションが良さそうだ
ボールをチェイスする動きが速い


ウィルシャーのドリブルのリズムを替えて場面打開するプレー
非常に有効なんだが
怪我するリスクを抱えすぎ
イニエスタもそんな怪我してたし


ダンテってそこまでのCBなんかな
大した欠点もないタイプだが
凄さを感じたことはない


右サイドをガウショとのワンツーからネイマールが抜け出すがケーヒルの素晴らしいカバー

イングランドも行けるときには前からプレッシャーをかけていく
クリスモ、ケーヒルのCBはそれができる選手ってことなんかな

足速い、足元は標準以上な二人

ラミレス、パウリーニョからボールを奪える


左からの溜を生かし中に戻したところのジェラードから右サイド裏を狙うウォルコットへ
そのCKにワッザが合わせるもセーザルのセーブとオフサイド

ネイマールからオスカル
もったうなかった

クリスモとケーヒルの怪しげな連携からガウショに裏をとられ
シュートを打たれる
シュートはブロックするがこぼれ球をクロス
ウィルシャーの手に当たりPK
しかしガウショのPKをハートが止めてこぼれ球を狙うガウショもギリギリ出止めて
ネイマールもトムとともに止めた
もったいなかった


下がったワッザ
そのスペースに走り込むウィルシャー
その瞬間裏を狙うダニー
形はよかったがダニーのシュートは枠の上
もったいなかった

ブラジルはファビアーノがいまいち
ボールが収まらないし
ほぼ消えてる
ってかガウショと二人でちんたらブラジルサッカーしてる
イングランドが労働者サッカーだから運動量で違いがある


ガウショさんのお腹周りはちょいだぶやな

ウィルシャーとトムが狭いところをドリブルとパスと動き直しで打開してる
しっかしウィルシャーうめえな


ウォルコットとGJのワンツーからGJのシュート

先制点はワッザ
左サイドで下がって受けたワッザ
空けたスペースにウィルシャーが走り込み
裏を狙ったウォルコットに
ウォルコットのシュートのこぼれ球をワッザが落ち着いて流し込んだ

またもトムとウィルシャーの展開からウィルシャーが前を向き右サイドのウォルコットへ
トラップでアドリアーノ
ドリブルでダンテを交わしクロスに走ったワッザに
ギリギリでアドリアーノがクリア
さりげなくルイスに殴られたウォルコット
可哀想に


ブラジルは前二人のデメリットって感じ
動きは悪くないんだが
自分のプレーしてるだけでチームとして有効的になってない
流れがよくないためちょいイライラのブラジル
こんなときにリズムを作れるようなゲームメイカーはいない
ラミレス、パウリーニョだと守備につよいだけ
困った
オスカルに自由にさせるだけの余裕もなさそう


ダニーはサイドだとよくないだからといってトップで使うべきかってなると微妙
ただ今のイングランドにダニーを差し置いて是非とも使うべきって選手もいない
スターリッジもヤングも怪我だし


Englishfootballとでもいうのか
フィジカルを使うことに長けたイングランドの選手たちにプレーのリズムを崩され

ハートのキックミス
コールが必死で頭に当てるがオスカルにかっさらわれアーリー
ファーに飛び込んだネイマールが合わせるが枠の上

コールがオスカルに悪戦苦闘
ハートもクロスをなんとか掻き出す

ファビアーノはクロスにニアで合わせに行く動きは相変わらず上手
視界から消えてから入る


ウィルシャーのドリブルは間合いの取り方逆の取り方タイミングの外し方が上手
こぼれ球をワッザが狙うも枠の左に


素直にジェラードではなくキャリックの方がいいと思う
展開力はジェラードのがいいが守備考えるとジェラードではごまかしが効かない
まぁ親善試合ならいいけど

アドリアーノの裏をウォルコットがひたすらに狙う
シュートはセーザルに止められるけど


アウベス対策としてもダニーだろうな
低い位置から運ぶ力
高さもあるか

アウベスのトラップはボールを取られない位置におく
うまいね


前半終了
トム→ランパード
コール→ベインズ

ファビアーノ→フレッジ
ガウショ→ルーカスモウラ
ラミレス→アロウカ

後半
ウィルシャーとワッザで回しジェラードのシュート

ケーヒルの持ち上がりが大きくルーカスにカットされ拾ったフレッジが確実に決めた
同点
ハートが可哀想


クリスモのバックパスもよくなかった
あぶねえ


ジェラードのCKにルイスに競り勝ったケーヒルが合わせるがセーザルの素晴らしいセーブ

ウィルシャーがボールを捌いて動き回る中
ジェラードとランパードが眺めてる
タイプ的に自分発信でボールを動かすタイプなのは分かるが
それじゃダメや


アドリアーノを1対1で簡単に交わし縦に突破しウォルコットのクロス
ダニーが飛び込むがその前でセーザルがクリア
こぼれ球をワッザがジェラードにパス
ミドルは枠外


またもウォルコットがアドリアーノを交わしクロス
クリアされるもアロウカのバックパスをワッザが触りランパードにパス
ダイレクトのシュートはポストを内側を叩き逆転
アホみたいなミス


アドリアーノがウォルコットにチンチンにされる
まぁ守備はな


ブラジルは攻撃もいまいち、守備もいまいち

ダニー→ミルナー
パウリーニョ→ジョアン

ケーヒル、クリスモのコンビもだが
ルイス、ダンテのコンビもよくない
というよりブラジルはチアゴシウバがいないだけかな

ウェンブリーには八万七千きてた
そらそうか

アドリアーノ→フェリペルイス
アトレティコの攻撃的SB


ウォルコット→レノン
ワッザが下がりにくくなった
代わりに入ってくる選手がいない


ダニー、ワッザ、ウォルコットの3トップは面白いね
難しさはあるけど形としてはいいと思う
サイドもできるトップとトップもできるサイド
ウィルシャーがいればドリブルでの打開の方法はある
高いライン保つためのCBが組んで
配る人、運ぶ人、繋げる人の中盤三人
ワッザが下がって受けたらダニーが入ったりウォルコットが走ったり
選手がそこそこ選ばれるけど面白い



ルイス→ミランダ
こやつもアトレティコか


ブラジルはタレントを生かした速攻をしたいのかな
ただ誰使えばいいのかが固まってないのな
メネゼスが日本戦でやったのがいいと思うんだけどな
4231の2にタレントがいない以上ポゼッションサッカーはできないよ
ラミレス、パウリーニョとかアロウカとかサンドロ、ルーカスレイバとか繋ぎはできるけど基本は潰し屋で運ぶのは出来るみたいなの
そんなのしかいない
ランパードが欲しいんやないのかな

しかしミルナーひどいな
今季はあんまり出てないっけ
んなこともない気がするけど
迷いしかなさそう


ウェンブリーではスタンドから国家
なんかかっけえな

ブラジルはチームとしてまだまだバラバラ
その統一性のなさがチグハグ感
まぁ新チームになってまもないから分からんけど
なんか迷走しそう
今更フェリポンってなりそうやな

試合終了
感想は一言
ウィルシャーが化けもんや
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルパン4世

Author:ルパン4世
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。