FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェルシー対リバプール

12/13シーズン第11節
atスタンフォードブリッジ


チェフ
アスピリクリエィタ、イバノビッチ、テリー、バートランド
ミケル、ラミレス
マタ、オスカル、アザール
トーレス

テリーが復帰
ルイス、コールは怪我
ランパードも怪我
そしてトーレスは古巣相手

ジョーンズ
ウィズダム、キャラガー、アッガー
GJ、シャヒン、アレン、ジェラード、エンリケ
スターリング、スアレス

レイナは怪我
シャクレテルはウィルス正のなんかだそうな

ちなみにリメンバランスディである

開始
リバプールは3バックである
ボールを保ったときキャラガーを真ん中に
ウィズダム、アッガーがサイドに開き
アレンやシャヒンがボールを受けに下がる
ビルドアップの段階での数的有利は確保
問題はいつも通りスアレス頼みになるかだろう


アレンからボールを奪い
トーレスからオスカル
カットされるもアザールからもう一度オスカル
シュートはバーの上
アレンは危ないトラップミス

ウィズダム、キャラガーは繋げないしできるだけ任せたくないだろう
そしてレイナもいない

リバプールはボールはもてる
一応運べる
ただ結局スターリングとスアレスが下がってもらいに来て
前を向いて仕掛けるだけ
結局意味ない
ってかジェラードが邪魔

チェルシーの攻撃における欠陥はCF
トーレスの位置
トーレスがいい選手か否かという点ではなく
体張ってポストなんてできないし
前を向かないことには輝けない選手である
そんなに視野が広くない

しかしチェルシーのチャンスメイクは下がってボールを受けにきたトーレスのドリブルの仕掛けからがある
そもそも前を向かせる守り方でいいのか


スターリングはいい選手である
正直この時点でよりいい選手である
いろんなことができる
ただまだ若く
ってか若すぎる
コンディション調整がうまくいかず
あまり壊れるぞ
壊すにはもったいない選手やぞ

しっかり競りにいけば潰せるはずなのに
何かが怖いのかラインが低すぎる


マタのCKからテリー
ブロックプレイからアッガーを引き離し
ドフリー
まぁいとも簡単に


アレンの球際のファールは危ない
熱いな

リバプールは保たされている
低い位置で3CBかアレンかシャヒンが保つときにはそこまでプレッシャーをかけず
高い位置に誘い込んでショートカウンター気味
さて、ロジャースはどうする
繋げて運べるアッガーに任せるのが正解だろう

そのアッガーのシュートは枠の上


アスピリクリエタはちょっと突っ込みすぎる嫌いはある


ショートカウンターからアザールの仕掛け
アレン、シャヒンをぶち抜いてトーレスへスルー
ブラインド気味のシュートは真正面へ
こぼれ球をアザールがバイシクル

にしても労働者ブラジル人ことラミレスはいい選手だな
サボらない
間違わない
働く意識がしっかりしている


チェルシーはサイドのGJとエンリケが保つのは捨ててるんだな
そこからクロスしかないと踏んで上げるならこい
その代わり中に来るなら潰す
そしてカウンター

素晴らしくチェルシーの作戦通り
まぁリバプールは単純にタレント不足だろう
なんとかできてない
スターリング、スアレスが下がってきたときにCBやラミレス、ミケルにしっかり食いつかせることで攻撃の芽を積んでる

中盤でリバプールがボールを奪い
そのボールはスアレスへ
スアレスは前を向きドリブルで仕掛けようとするところで
後ろからラミレスのプレスを受け
突っ込んだテリーがカットするも体勢を崩したまま突っ込んだスアレスが体ごとテリーの右足の上へ
曲がっちゃいけない方向へ曲がった気がする
足首かすねが折れたかも
伸ばしただけなんかな

テリー→ケーヒル
でしょうな


ミケルがアザールとのワンツーから持ち上がり
トーレスにスルーを出すが自分でも笑っちゃうくらい下手だった

今日は

チェルシーとリバプールのしているサッカーは結果的に似たものになっている
共に前輪駆動気味
差は前輪駆動のタレントの突破力と前輪駆動を止める守りの選のタレント


マタはまぁ見事にふかしちゃったな
この人あんまりフィニッシュはうまかない
にしてもリバプールの3CBは一個もうまくいってない


後半
変化はなし


ちょっとあったかな
リバプールがチェルシーにボールを保たせはじめたかも
スアレス、スターリングに並びシャヒンを高い位置に
斬り合い上等か


左サイド
オスカルのFKからトーレスのヘッド
こぼれ球を右から左からクロス
結果ジェラードが倒れていたため笛が鳴る
足を芝目に引っかけた
自分でやったのに止められてスタンドは怒る

シャヒン→スソ
結局若い
352から343かな

と思ったらGJ左SBのエンリケがその前かな

スソはすでに試合に入れていない

自分たちの変更に自分たちで対応できていないリバプール
前を増やしたけどどう崩すかはまだ決まってない

ジェラードも衰えたな

マタのFK
ギリギリでジョーンズがさわる
うまく対応している
リバプールの一番は実はこいつ

オスカル、アザール、マタの三枚は贅沢やな
その三人でショートカウンターするのはもっと贅沢や

アザールのボールロストからのCK
スソのキックをニアでキャラガーがすらしてゴール前でスアレス
同点
チェルシーもったいない
ラミレスも離しちゃった

ウィズダムは3バックの右と同じポジショニングをしている
近いくらいかな
まぁ見事なくらい後手後手なDF


オスカル→モーゼス
マタが真ん中左アザール右モーゼス

リバプールが攻撃の枚数を増やしたことでラミレス、ミケルのカバーリングにより逆にスペースを与えてしまっている


チェルシーは致命的に引かれた相手を崩せない
結果サイドからクロスをしても中はキャラガーとアッガー

トーレス→スターリッジ
変化をつけたいのだろう


チェフのナイス飛び出し
スソからのダイレクトの裏へのスルーに
イバノビッチとケーヒルの間からオフサイドラインをくぐり抜け飛び出しもPA外でギリギリ膝で止めた
ケーヒルかたまんなや


スアレスのサイドチェンジから流れたボールを右サイドからスターリング、スアレスとつなぎ
エンリケのシュート
チェフのナイスセーブ

このまま終了
もったいないチェルシー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルパン4世

Author:ルパン4世
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。