スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユナイテッド対エバートン

atオールドトラフォード

デヘア
ラファエル、エバンス、リオ、エブラ
バレンシア、キャリック、スコールズ、ナニ
ワッザ、ダニー


ハワード
ヒバート、ジャギエルカ、ハイティンハ、ディスタン
ギブソン、フィル
オズマン、フェライニ、ピーナール
イェラビッチ


結果は4ー4
ワッザが二点、ナニとダニーが一点ずつ
ホームでこんなだらしない試合すんなよ
いらっとした
予感はしてたけど

なんか一試合に喜びといらいらが詰まってた
個人評価だけ


デヘア
四点とも責任はない
ただ高さに対してまだ信頼が勝ちきれないところは
まだある
課題や


ラファエル
攻撃はよかった
ここ最近の中でもいい方や
守備は集中力やな
今日はチームとして集中力がなく
ワッザ以外かな
ぼんやりしてるシーンが多かった

リーグ戦にでるようになって

何年や

成長してもすぐ戻る

メンタリティの問題なんだろうが

責任感がないぞ
二失点に責任はある

エバンス
足元巧みなタイプとフィジカルおばけに弱い
それはわかってた
それでも寄せろよ
ヴィダは体張ってファールしてでも
意地でも相手を止めることをする
たまにそれで退場するけど
CBとしての職務の相手FWをとめる
それがエバンスにはまだまだ足りない


リオ
ひどかった
加齢だな
競り負ける、クイックネスはない
ひどかった
いいとこなし
傷心した顔みせんなや


エブラ
特に問題は起こさなかった

そうでもないか

ヒバートがめっちゃ自由だったな

ナニと共同で責任
ただ、やっぱり言えるのは
お前はキャプテンやない
あとサイドのケアにちょっと間に合わないことが多い
無理が利かない年齢なのかもな

バレンシア
前半はディスタンに封じられた
後半はいつもの輝きはしめし始めたけど

よくはなかった

キャリック

安定してるけど

言いかえるとあれ以上は無理なんかね

前への推進力がなかった


スコールズ

エバートンの中盤のプレスが聞いてたのもあり

いつもよりボールタッチが少なかったかな

復帰以降見せている試合への影響力は観られなかった


ナニ

だんだんと戻ってきた

まだ判断が悪いところはあったけど

試合が進むにつれて足元の巧みさが

際立ってきた

もうちょい守備うまくなれ


ダニー

ゴールは素晴らしかった

プレスも一生懸命かけてた

ただ3-1、4-2になってから

すぐスイッチ切ってた

だれるな


ワッザ

貴重な同点弾、追加点

そしてベストの記録を抜いたことに

対しておめでとう

古巣相手でも頑張ってたワッザの姿だけがこの試合の喜び

チームを頼むって言いたい

言えるもんなら


この試合はだらしなかった

観てて情けなかった

何が勝利のメンタリティや

何が経験豊富や


次の試合に勝つ

絶対勝つ

そして優勝や

ダービーにむけ

俺のテンションも上がった

スポンサーサイト

いつぞやの試合

どうやら
2008/2/23
ユナイテッド対ニューカッスル
atセントジェームスパーク

VDS
ブラウン、リオ、ビディッチ、エブラ
CR、フレッチ、キャリック、ナニ
ワッザ、テベス

ギブン
ファイエ、テイラー、エンゾグビア
ミルナー、バートン、バット、ダフ
オーウェン、スミス
好タレント揃い

とりあえず攻撃は縦に早い
基本はサイドにボールを集める
前二人とサイド二人がボールを持てるし運べる
ポジションチェンジとダイレクトパスがキーワードかな
ナニとクリスティアーノが2トップみたいな場面もあった
攻撃は前線の4人の発想に任せる部分が大きいのかな
テベスの背負って落とすはうまい
そっからの展開が早い

一点目はビディッチからのミドルパスを左サイドでクリスティアーノが受けて前に持ち出し
切り返して右足で上げたクロスを
逆サイドで走り込んできたワッザが
右足でダイレクトでぶち込んだ
攻撃が縦に速い上に前からの守備はあやふや
キャリック、フレッチの運動量がすごい
カバーせないかん範囲が広い

両サイドはミルナー、ダフ
いやぁ怖いね
ドリブルもクロスもいい

二点目は中盤でボールを持ったキャリックが持ち上がり
クリスティアーノにスルーパス
落ち着いて1対1を決めた
DFラインがグラウンドくらいでこぼこでひどいニューカッスル
まぁこれでこそって感じはするけど


後半からエブラ→オシェイ
なんかすでになつい

ダフはいい選手やってシーンが前半から何度かある

この頃のナニの方が溌剌としとらす

三点目もクリスティアーノ
下がって守備をしたテベスからのロングパスをクリスティアーノが胸トラップするも転ける
なんとか右サイドのナニにパスしようとするもイーブンなボールに
拾ったのはフレッチかな
立ち上がったクリスティアーノに預けると相手CBを押しのけて
ギブンと1対1
右に交わして無人のゴールに

バートン→キャロル
リバプールのダイブ野郎のブレイク前の姿
ポニーテールでなければシュシュもない
当たり前か


ユナイテッドのカウンターの早いこと早いこと
ニューカッスルは背が高い訳ではない2トップが
リオ、ヴィダに勝てるはずないのに放り込むか
守備が曖昧なユナイテッドのサイドから単独で攻め込むしかない
つまり可能性は低い

クリスティアーノ→サハ

キャロルへのロングフィードから得たCKから
ニューカッスルが一点返した

すぐワッザが決めた
CKのこぼれ球をカーブショット

ボールホルダーにプレスがかかるってことがあまりないので
GKは出番が多い

それにしてもVDSのキックは攻撃に繋がる
結果は4ー1

中盤の役割が違うんだな
キャリック、フレッチはとにかくボールもったら
前四人に当てる
そして両サイドのケアをする
ポゼッションよりカウンター
嫌いやない
むしろユナイテッドが好きになったのはこの頃のサッカー
そらスコールズの出番減るわな

ユナイテッド対アストンヴィラ

atオールドトラッフォード

デヘア
ラファエル、エバンス、リオ、エブラ
バレンシア、スコールズ、キャリック、ヤング
ダニー、ワッザ


ギブン
ハットン、コリンズ、ベーカー、リーハイ
ガードナー、クラーク
バナン、アイルランド、ヴァイマン
アグホンラホール


ファーストシュートはヴィラ
単純な縦パスにヴァイマンがシュート
リオのカバーが遅れた
加えリオの足は遅くなった


ヤングのしょうもないPK
ワッザが決めて先制
クリスティアーノもナニも確かにダイブしがちだけど
ヤング古巣相手にようやるな
確かに足はかかっていたけど
かかりにいった感もある
あんなのはいらん
ファールをもらうのは技術だとは思うけど
嫌いなんだよね


先制後はユナイテッドが押し込む
ボールホルダーにプレスがかからず
楽にパスがまわる
ダニーのヘッド、ワッザの交わしてシュートも止められる

しかしまぁダニーのシュートは止められる
持ってないのかな


スコールズのシュートうめぇ
CKからのダイレクトでアウト
ギブンが頑張る試合
止められる止められる


攻め込むも決めれない中で二点目はダニー
中盤での簡単なパス交換からキャリックが下がったワッザとのワンツーで
攻め上がり左サイドを上がったエブラに
クロスはGKとCBの間を抜け
ファーのダニーが決めた
決めれるやんダニー

そんまま前半終了
大丈夫かヴィラ
後半は工夫すんのかい


特に工夫なし
相変わらず厚みのあるユナイテッドの攻撃に
押し込まれるヴィラ

クラークの出血はすごい量だった

ヤング→ナニ
ダービーまでに調子を取り戻してほしいね

クラーク→ヘスキー
もう誰も倒れないでほしい
死なないでほしいです

ワッザ決めろ
さぼんな
ってかカウンター下手なったな
テベス、クリスティアーノおった頃はうまかったのに
シュートまでなかなかいかない

ラファエルは年々成長してるんだけどね
なかなか完成しないな
できることは増えてんだが
足りないところもまだまだある
頑張れ


ようやくワッザが決めた
バレンシアとワンツー
これで3ー0

ワッザ→ベルバ
ひさびさベルバ

アイルランド→カラザーズ
おめぇ誰だ
諦めたかマクリーシュ

ギブンはハンドした
なんかこんなミスする選手だっけ

スコールズ→トム
お疲れ様です

なんかダニーがまた止められた
入んない
バレンシアのシュートも入んない
ギブン頑張る

ヴァイマン→エンゾグビア

だらだらと試合が終わりゆく

体は張れるんだが
人にはつけないヴィラディフェンス


エバンス→ナニ
落ち着いてニアを抜いた
ヴィラひどいぞ


そんまま終了

これで勝ち点5差のまま
次はホームでトフィーズ
ワッザがいまいちになりがちだが
勝つぞ

ユナイテッド対ウィガン

atDWスタジアム

デヘア
PJ、リオ、エバンス、エブラ
バレンシア、キャリック、ギグス、ヤング
ワッザ、チチャ

アルハブシ
アルカラス、コールドウェル、フィゲロア
ボイス、マッカーシー、マッカーサー、ボセジュール
モーゼス、ディサント、マロニー


開始からホームのウィガンが押し込んでいる
ユナイテッドは全然対応できていない
プレッシャーがうまくかけられず
相手のウィガンは343
プレミアでは珍しい3バック
なかなかボールを取りに行くDFができていない
コンディションの問題もあるのかな
出ずっぱりの選手が多いのに
中4日
リオ、エバンス、エブラ、キャリック、バレンシア、ワッザ
怪我人いるし
替えがきかないのはわかるが
そりゃきつかろう

ユナイテッドはカウンターからの攻撃が多い
ウィガンは攻めたあと
3バックの前、中盤二枚の横が空いとる
そのスペースを使われはするんだけど
戻りが早いウィガンにチャンスを潰される
3バック相手に裏のスペースはあまりない

結果攻められることが多いユナイテッド

CKからモーゼスのヘッド
ゴール前でデヘアにコールドウェルが邪魔したとして
ファウルによりゴールならず
よくわからん
確かにCKで過剰にGKにコンタクトするのは
ファウルにしないとなんでもありになりかねんけど
ありゃ過剰かね
デヘアがうまかったってのが結論かな

前半終了後
コールドウェルに迫られた副審に
返す言葉がないように見えた
意地でも自信ありますって言えよ
まぁ審判が本職でない人が多いらしいからな
審判のレベルは低いみたいやし
ってか低いか
100パーは無理やけど
ちゃんと見ろよってシーンが最近続いとる
審判って難しいね

前半のポゼッション
61対39
今日のエバンスはよくない
相変わらずフィジカルお化けとスピードスターが苦手
後半頭から
ヤング→トム

先制はウィガン
謎のCKからマロニー
ショートコーナーを蹴ったマロニーに一切プレスがかからず
きれいなミドルシュート
集中力の問題

チチャ→ダニー
ちゃんとボールをキープしてくれってことやな


エバンスは2枚目出なくてよかった
ってかダウドは出すべきだった
エバンスは軽率や


ウィガンのDF陣の集中力すごいな
飛び出しにマークがついてる場面をよくみる

ワッザ→ダニー
今日のできならしょうがないけど
後半頭にチチャ→ナニ
PJ→ダニーでもよかったかも
サイドのワッザはうまくいかんよ


ディサント→ディアメ

で、PJのクロスにフィゲロアがハンド
ダウドはとらず
もういみふな試合
審判がぐだつかせた

後半から
トムが入ったことにより
縦への推進力が増した
それに加えウィガンがヘロヘロ
ただ前半から継続してモーゼスにチンチンにされとる
リオもエバンスもゆるゆる
後手後手のディフェンス


だいぶ攻め込まれたウィガン
キャリックもだいぶ上がってきた
ただなんかユナイテッドの攻撃も下手


そんまま
五分間のロスタイムも過ぎゆき
ユナイテッドは年末以来の敗戦
まぁ妥当な敗戦かな
油断もあったしプレッシャーもあった
工夫もなかった
情けない敗戦

去年もあったけど
今季CL敗退したのはこういうだらしない試合したからやん

がっかりな一戦

CL予想

CLは準決勝までいった
チェルシー対バルサ
レアル対バイエルン

チェルシーはよう準決まできたな
ナポリ、ベンフィカになんとか勝った
今のブルーズに勝ち上がる力はあるのか
今攻撃にも守備にも強さがないからな
今シーズンの総決算でイレギュラーを起こせば可能性はあるかも

バルサはリーガで苦労してたけど
CLでは準決勝にちゃんとやってきた
レバークーゼンには荷は重すぎたが
ミランはやはり強かった
セカンドレグに怪我人累積多発がつらかった
ビジャの離脱はクエンカ、テージョのおかげで対処しとるが
DF陣が離脱続きなのは不安
今季のピケはよくないし
プジョルも怪我がち
アビダルは手術
マスチェは頑張っとるが本職ではない
アウベス、アドリアーノも怪我しちゃう
でも恐らくチェルシーには勝つのかな
差は大きいよ


バイエルンは
ホームのアリエンツアレーナが決勝の舞台だから
意地でも勝ち上がりたいだろうな
リベリ、ロッベンの両翼の破壊力をちゃんと生かせるか次第かな
1stlegのホームで点を穫られなければチャンス増大
基本レアルが勝ち上がると予想している
チーム力には
そげん大きくはないけど差があると思う
バイエルンのDFは堅くはない
モウリーニョが対策練れば簡単にやられる気がする
クラシコでぐちゃつかなければね

予想としては
決勝はレアル対バルサ
要はクラシコ
チェルシーは無理だと思う
バイエルンのがまだ可能性はあると思う


以上、勘

ユナイテッド対QPR

atオールドトラッフォード

デヘア
ラファエル、エバンス、リオ、エブラ
バレンシア、キャリック、スコールズ、ヤング
ダニー、ワッザ


ケニー
オヌオハ、ヒル、アントン、タイウォ
デリー、ディアキテ
マッキー、ターラブト、バズスキー
ボスロイド



開始から押し込む
ってか相手もだいぶ引いとる
守備優先なQPR
ワッザのFKおしかった
押し込みつづけるもあと一歩がない
と思ったらワッザのスルーパスを受けようとしたヤングをデリーが倒してレッドカート
PKをワッザが決めた
かわいそうなくらいオフサイド
ありゃ誤審やな

PA内で相手を倒したら即レッドってのはおかしいと思う
イエローor警告+PKでいいんやないかな
よほど悪質なら赤でもいいけど
とりあえず今回はオフサイドやから誤審

その後もずっとハーフコートで試合しとる

怒るラファエルかわいかった
しかし今日のラファエルはよくない
集中力がない


前半の終盤も後半の序盤も特になし
ラファエルのシュートもダニーのシュートも決めなきゃいけない
またダラダラしとる
ラファエルクロスみすんな
ヤング→ギグス

だからこそスコールズありがとう
真ん中でフリー
スコールズには簡単なゴールやな

ラファエルがこけたらイエローもらった
そこで交代
スコールズ→トム
ラファエル→PJ


今日はちゃんと試合を終わらせられるのか

キャリックのシュートもおしかった
ワッザの集中力も切れた
歩いとる

結果だけ
優勝には近づいたが
ひどい試合やな

誤審で騒動もめんどいぜ

スパーズ対スウォンジー

atホワイトハートレーン

フリーデル
ウォーカー、ギャラス、カブール、エコト
サンドロ、パーカー、ルカ
VDV、アデバヨール、ベイル

フォルム
ランヘル、モンク、ウィリアムス、テイラー
ルートリッジ、アレン、シグトールソン、ブリトン、シンクレア
グラハム


魅力的なサッカーをする両チーム
スパーズはレノンがベンチに帰ってきた
最近停滞気味のチームに変化をもたらせるか
スウォンズはCBのコールカーがスパーズからのレンタルのため
契約から出場できず
ちなみにマケークランがベンチ

この試合の結果は
3ー1でスパーズが勝った
①スウォンズの魅力は何なのか
②スパーズは調子を取り戻したか
③この結果の要因は
この3つを頑張ってかく



サッカーに正解なんて無いと思うが
今の方向性としてはバルセロナを代表とするパスサッカーが主流だろう
スウォンズもパスサッカーである
バルセロナほど延々と回すわけではないが
ダイレクトにゴールに迫るためのパスサッカーだという感想
パスサッカーの真髄は
パスを回すことによって相手のマークを外すことだと思っとる
よくある三角形を作るってのを試合中に確認できるほど
目は肥えていないが
パスの選択肢を確保するためのポジショニングは
しっかりしてたかな
守備でも相手のパスの選択肢を減らすポジショニングもできとる
つまり攻撃も守備もポジショニングがいい
上位を苦しめるのはそこらへんかな
パスの逃げ道を用意してあるから
縦にパスを自信持って出せる
あの集中力はすごいな
エコトにはない集中力やな
監督もすごい
ビルバオをみてビエルサすげぇと思った
それよりの完成度はないが
選手をうまく動かしとる



基本的にメンバーは固定
ただ怪我が多い選手がたくさんなため
試合のできはバラバラ
レノンのいないのも困る
CBは怪我人だらけ
意外とモドリッチのトップ下、ラフィーの右サイドが機能しとる
そこの変化で復調するかな

最近ゴール前に人がいない
横の幅が使えないが主な不調の理由かな
みんながボールをもらいにいきすぎてた
今日はボールを出したあとの動き直しがよかった
単にそこの違いかな


先制はショートカウンターから
ベイルが持ち込んでクロス
こぼれ球をラフィー
同点は噂のシグルドソン
落としたのをダイレクトで叩いた
決定力をもつ中盤
サンドロ→復帰レノン
ラフィートップ下
いわゆる攻撃的交代
スウォンズも
ルートリッジ→ダイアン
二点目はCKからアデバヨール
なんか普通に決まった
ベイルが中盤から中に切り込んで持ち上がりシュート
こぼれ球をレノンが拾ってクロス
アデバヨールが三点目

やっているサッカーはいい
メンバーも頑張ってやりたいサッカーを実現しようとしている
何が足りないのか
一つは選手の質かな
決定力しかり突破力なり打開力
スパーズには劣るよな
ベイル一人に押し込まれてたもん
攻撃の形を作るのに必死でシュートは打てなかった


スウォンズの監督ロジャースは
来期レドナップが代表監督になったときの後釜の候補の一人
やっているサッカーの方向性は似とるからいいかもね
もしモドリッチが抜けたあとも
スウォンズから引き抜けば意外とすんなり行くかもよ

ユナイテッド対ブラックバーン

atイーウッドパーク

デヘア
ラファエル、エバンス、リオ、エブラ
キャリック、スコールズ、PJ
バレンシア、チチャリート、ワッザ

ロビンソン
ORR、ダン、ハントリー、オルソン
ロー、ペデルセン、エンゾンジ、オルソン
ホイレット、ヤクブ


序盤からユナイテッドが押してる
でも最後がうまくいかない
このスタメンだと攻撃のバランスがいつもと違う
攻撃パターンは
サイドアタックは右サイドのバレンシア頼み
ワッザは守備は左サイドの担当だが
攻撃では中央に入ってチチャと絡んでた
左サイドはエブラとスコールズかキャリック
中盤の攻め上がり自体はうまくできていたが
質がちょっと
あとキャリック、スコールズ、ワッザのロングパスに
チチャやワッザが抜け出すのも何回か

スタメンみてありゃうまくいかねぇか
と思ったよりかは攻撃は作れている
ブラックバーンはCBからのロングパス攻撃はあるけど
チャンスは作られないしね

だどもユナイテッドも点入る気がしない
アウェイは怖いぞえ

ただひたすらにボールは持てる
CBにも中盤三枚にも前を向く余裕はよっちゃん
かけないのかかけれないのか

ってかオルソン双子にびっくり
運動できる遺伝子か、くっそ


前半終盤のパワープレーをデヘアに助けてもらった
最近めっきり頼れますな


後半も対して変わらず
ワッザのFK、ラファエルのシュート惜しかった

チチャ→ダニー
飛び出しよりボールキープ
PJ→ギグス
ダイナミズムよりパス回し
これで442になったのかな
ギグスのポジショニングはやっぱりいいね
左サイドのスペシャリストや
しかしワッザとギグスのFKはまじなんだあれ

スコールズ→ヤング
ギグスが中へ

右サイドのバレンシア
ぶち抜いた
アウトにかけてぶち抜いた

二点目
バレンシアが中に切り込んでパス
中に入ってきていたヤングが2タッチして
右隅へ決めた
今日の締め方はお上手でした



後半80分を過ぎて二点決めた
この勝利はでかい
これで勝ち点5差
ワッザが点を穫れないのは不安やが
総じてみれば勝利に値した


ダニーはたぶんヘアドライアーだな


ニューカッスル対リバプール

atセントジェームスパーク
改めスポーツダイレクトアレーナ
いい名前変えちゃった


クルル
シンプソン、パーチ、ウィリアムソン、ホナス
ガスリー、ティオテ、キャバイエ
ベンアルファ、シセ、バ


レイナ
フラナガン、キャラガー、シャクレテル、エンリケ
シェルビー、スピアリング、ジェラード
ベラミー、キャロル、スアレス


びっくりした
それは
ホームとはいえ
ニューカッスルがおしていたことではない
そりゃ今のチーム力からは妥当

びっくりしたのは
古巣相手にダイブしてキレた
キャロルにだ
あいつゴミやな

先制はシセ
右サイドからのベンアルファのクロスを
シャクレテルの裏からファーで合わせて
右ポストに当てて入れた

ティオテをアンカー
1ボランチに置き
その前にガスリー、キャバイエ
ボールを保てる組み合わせ
かつ運べる

前に向けたら素早く前三人に当てる
バはポストプレー
ベンアルファはドリブル
シセは覚えてない
正直たまにバとシセを間違えとる気がする
そっくりデンバ

まぁもちろんニューカッスルだから
守備はゆるゆる
あっぷあっぷですよ
怪我人のせいで本職があまりいない言い訳もあるけど

リバプールは右サイドのベラミーがホナスの裏を狙って
なんどか際どいクロスを入れてた
左サイドは死んでたけど

ただニューカッスルの守備陣がめちゃギリギリで頑張って
前半は1ー0


後半最初のチャンスは
ニューカッスル
サイドからのクロスを上がっていたウィリアムソン
キャラガーが競り負ける姿は悲しい
スアレスはやる気なくなってねえか


二点目もシセ
ゴール前でのボール回しについていけないリバプール
ぐだぐだ

チャンスを潰しまくり防ぎまくるパーチ
なんかえらく成長したな


で締めはレイナの退場
パーチもなかなかに過剰だったけど
イライラしたからどついたってのは許されない
レイナの欠場なんていつぶりなんやろ
交代枠使い切ってたから
GKはエンリケ


残り10分近くはなぜかニューカッスルは
とどめを差しに行かず
そんまま終了

やっぱりダルグリッシュはアホやな
カイト、マキシは出て行きな
もったいないよ
まぁそんなこと起きたら
レイナ、スアレスも出たがりそうだけどね

キコ

由来が何かは知らないが
フェデリコ・マケーダのあだ名

セリエのラツィオのユース出身で
早くから将来を期待されていた
ユナイテッドでのデビューは鮮烈だった
ヴィラ戦での切り返してのシュートはすごかった
あれでコイツはすげぇやつになるぞ
って思ったサポーターは多いだろう

しかしそれからは伸び悩み
ユナイテッドで出場の機会を得れば
流れを変える力をみせるものの
なかなか定着するまでの活躍は示せない
その間にチチャ、ダニーがレギュラーとして活躍し始め
一方サンプドリア、QPRにレンタルされる
が、活躍できたかというと微妙だ
むしろ否定的な答えになるだろう

そのマケーダが足首を怪我し
レンタル先のQPRから帰ってきた
どうやら今季絶望らしい

俺自身はマケーダにすごく期待している
理由はいろいろあるけど
まずはあいつのどや顔が好きってとこ
自分が点を穫った時はもちろん
アシストしても起点になっても
ひいては関係なくとも
どやをするのはみてて楽しい

またワッザ、チチャ、ダニー
ベルバ、ワンダーおじさん
とも違う特徴をもつとこ
飛び抜けたものはないけど
まんべんなくできる
theストライカーってイメージ


問題は来期以降どうなるかだ
ここ二年はレンタルが続いている
はっきりいうとレンタルで経験が詰めていないから
ダニーほどの爆発的な活躍はない
ベルバ、オーウェンの去就が分からない上に
補強がどうなされるかも分からないため
来期の優先順位も分からない

しかしマケーダの活躍を期待する以上
放出してほしくない
ファギーからも期待されているコメントもあり
本人もでる気があまりないようなコメントを残している

しかし前例として
ロッシやフォルランのように
出場機会を求めて移籍してしまうこともある

俺個人の希望としては
来期も冬まではチームに残す
そこで結果が残せるようならば
レギュラーを争ってほしい
ダメならば冬の移籍市場で
またレンタルに出してほしい

FFPを考慮する面でも
キコの活躍は期待したい
プロフィール

ルパン4世

Author:ルパン4世
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。